どうしてペニスのサイズを気にするのか

ペニスはそれぞれの体形と骨格にあったサイズになっています。
しかし、稀に大き過ぎたり小さ過ぎたり、形が変な人が居ます。

 

産まれつきなので仕方ありませんが、後天的に手術やトレーニングで形を変えたり大きく出来ます。
自分のペニスが小さいと感じたら大きくする事が出来るのです。

 

現代人はペニスのサイズにとてもこだわりを持っています。
もしかしたら昔からかもしれませんが、近年明るみに出て来ました。

 

繊細なテーマで隠されて来たので、男性達は密かに気にして生きて来たのでしょう。
この様な体制がますますペニスのサイズを気にする風潮を作って来たのかもしれません。

 

サイズと言っても、小さかったり曲がっているのがコンプレックスな人も居れば、大きいのが嫌な人まで様々です。
ペニスの見本なんてものはありませんが、それぞれの抱くイメージがあるのでしょう。

 

ペニスを包む包皮を伸ばしてサイズアップしたり、手術に踏み切る人も居ます。
解決法は色々ありますが、みんな今の大きさを変えれば幸せになれると思いこんでいます。

 

僕からすると生まれ持った大きさがどうしてダメなのか不思議だし、ペニスのサイズよりもっと大事な事がある気がします。
でも気にしている人からすれば、それは不自由を感じていないからだと思うでしょう。